So-net無料ブログ作成
検索選択

老眼の方に、自分でできる度数調節めがね

自分で調節可能な度数調節めがねをご存知ですか?1995年1月に発生した阪神淡路大震災時の非難教訓を元にアドレンズ社が開発をしためがねです。自分で度数調節が近眼から老眼まで可能、それがアドレンズ社のエマージェンシーとP.O.V(ピーオーヴィー)です。

老眼めがねを愛用されている方なら、近くが見えないことに対する不安感はおもちでしょう。被災時用の非常持ち出し袋に、1本スペアー用として入れておくと安心できます。家族、友人とも避難場所で共有ができます。近くが見えないことには、どこへ行っても何もできないですもんね。脱出するときも近くが見えないことには二重の不安ですよね。

普段の日常生活でも、度数調節めがねは安心して使えます。度数を固定することができますので、自分専用として普段の生活で使えます。ただ、調節ダイヤルが左右のフレームに突起のようにでていますので、見栄え的には疑問視するところではあります。

被災を想定した場合に、老眼めがねを愛用の方には是非準備をしておいていただきたい、おススメの自分で調節可能な度数調節めがねです。

2つを機能面から比べてみます。

エマージェンシーは2枚のレンズの重なり合いによって、度数を調節をすることができます。
P.O.V(ピーオーヴィー)はレンズ内の液体量を調節することで、度数調節をすることができます。

両タイプともフレーム左右にあるダイヤルを回しながら、自分で度数調節をします。片目ずつ度数を調節しますので、めまいがする、バランスといった違和感はありません。

2つを適応する度数範囲で比べてみます。

エマージェンシーは-6度(近視)から+3度(老眼)まで、
P.O.V(ピーオーヴィー)は-4.5度(近視)から+3.5度(老眼)までです。

これ1本あれば、近眼の子供から老眼の高齢者まで対応できます。家族、友人とも共有すれば、見えないことによるストレスからも開放され問題は解決するでしょう。

ただ、アドレンズ社のエマージェンシーとP.O.V(ピーオーヴィー)両タイプとも乱視には対応していないのが残念です。

老眼めがねを愛用の方におススメです。

自分で調節可能な度数調節めがねについての詳細はこちらからどうぞ
アドレンズ エマージェンシー
アドレンズ P.O.V(ピーオーヴィー)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。